求人の情報サイトsweetsnacktecchina|職務経歴書の書き方開設サイト

求人の情報サイトstelterhubjob
新着情報

職務経歴書の書き方に自信はありますか?

採用の過程で絶対に必要となる、職務経歴書。しかし、その書き方によっては「非常識な方だな」と落とされてしまうこともあります。 せっかく前の職場等でいい経験をしてスキルもあるのに、この職務経歴書で上手くアピールできないためにチャンスを逃してしまう。 そういうことって多くあると思います。
ここでは、「前の職場で会得した技術を使い転職しよう」と思っている方や、「もう、全く違う仕事をしよう」と求人に応募する人。 そうした方々に最高の職務経歴書の書き方を職種別で伝えます。

職務経歴書の書き方

2014年3月27日 (11:16)

事務の求人に応募する際にコレは必要だよー

屋釜瑠がこの記事を担当しました。

事務の求人というのはこの世に多くあります。事務の仕事というのはオフィスで働けるので、そうしたことに憧れを抱く方が多くいるのでしょう。では、この事務の仕事をするためにはどういった職務経歴書を書くのがいいのでしょうか。それを解説していきましょう。

求人サンプル画像

経験がある場合

どういった仕事をしていたのかを完結に書くことが大事だと思います。得に、採用を担当している方はそうした場合、その人がどういった事をしていたのかを本気で知りたがっています。ですので、初めは「〇〇会社で勤務」と簡潔に書き、そしてその会社でどのようなソフトを使って仕事をしていたのか、どんな経験を積んできたのか。を具体的に書くといいでしょう。 さらにその経験が他の求職者と比べてどんな価値があルのかを具体的に書くといいでしょう。

未経験の場合

未経験の場合は、その仕事をどこで見つけたのか、そして過去の自分の仕事でその事務で活かせそうな事を書くといいでしょう。 未経験の場合は「素直」「やる気」などを全面的に出すことで、採用担当者へ好感度を抱かせることができる職務経歴書になります。 また、自分の「長所」「短所」を伝えるために「自己PR」欄を設けてみるのもいいでしょう。

そして、そうしたことは面接でもアピールしやすいのでオススメですよ。

2014年3月27日 (11:16)

WEB関係の仕事につくためにはどのような職務経歴書がいいとされているのでしょうか。

赤王がこの記事を担当しました。

WEB業界の仕事というのは一見一つしかないと思いがちですが実は、職種がたくさんあります。例えば、下記のサイトで見て頂ければこの仕事がどれほどの職種があるのかがわかると思います。

転職/求人情報なら職場見学ができる求人サイトのディーナビ

求人サンプル画像

まず、ターゲットを絞りましょう。

単にWEBの仕事といても上記のサイトで見て頂いた通り、たくさんの業種があることが解りますよね。そこで、職務経歴書の志望動機欄にはしっかりと「〇〇の仕事がしたいので今回△△会社に応募しました。」と書くことが大事です。
そうすることで、採用担当者へ「あぁ、この人はこの仕事がしたいんだな」と思わせる事ができるのです。また、その仕事について何故したいのかを書くといいでしょう。そうすると採用担当者もあなたに興味を持ってくれますよ。

次に、どんな自己PRをするのかを書きましょう。

職務経歴書というのは単に過去にした仕事を紹介するものではありません。いわば「自分という商品を以下に採用担当者へ購入してもらえるのか。」ということを考えて行かなければならないのです。ですので、職務経歴の中ではきっちりと「どんな仕事をして、何を会得することができたのか。」そしてそれが求人を出している会社に取ってどんなメリットを生み出すことができるのか。そうしたことを記載することで採用担当者へしっかりとしたアピールをする事ができるのです。

2014年3月27日 (11:16)

フォークリフトの仕事に応募するためにはこう職務経歴書を書きましょう。

弁梦星がこの記事を担当しました。

比較的簡単に資格が取得できる「フォークリフト」の仕事。免許を取得したら応募したくなりますよね。あの車を動かして工場内を駆け巡る…こうした仕事の求人へ応募するにはどういった職務経歴書がいいとされているのでしょうか。

求人サンプル画像

私の履歴

前の会社での経験と言うのは非常に大切です。単に「〇〇会社で軽作業を担当。」と書くだけでは具体的でないため採用担当者の心にも響きません。つまり、そうした職務経歴書を送り続けても採用担当者は見る気もないということなのです。「〇〇会社で倉庫内作業としてフォークリフトの運搬を担当。」と書くことによりしっかりと相手に伝えれることができます。

資格を取得した時期も書くといいでしょう。

何時その資格を取得したことを記載することで採用担当者に「この人の実務経験は〇〇年だな」ということを伝えることができます。この実務経験の期間を記載すると言うのは一見不利に見られるのでは?と思うかもしれませんが、書くことにより「誠実さ」をアピールすることもできるのです。そして、もし実務経験の期間に自信がない場合は、貴方の人間的な魅力を伝え、前の職場でどう言われていたのかを記載するといいでしょう。

このサイトではあらゆる職種に対して「どう書けばいいの?教えてよ!!」と言うご要望に答えるために作られているサイトです。近年では求人の数も多くなり、就職氷河期というのは少しずつ無くなってきているのではないかと言われていますが、未だに人気の求人となるとその採用倍率も高くなってしまいます。そのため書類選考で落とされる人も多くなってきていると聞きます。確かに応募書類を書くというのは時間と労力と費用がかかります。そして、その書き方がわからず出してしまっているため、採用担当者の目にも止まること無くシュレッダーへいく職務経歴書をも多くあるそうです。ここではそうした事を防ぐために、文章が苦手なスタッフがサンプルを提示し、そのサンプルに対してベテランのスタッフがどのように書けばいいのかをコメントしていく様にいたしました。是非ともこのサイトで魅力ある職務経歴書を作り、貴方の就職活動に役立てて頂ければと思います。

Copyright © 2014 職務経歴書の書き方開設サイト. All Rights Reserved.